Hatena::Groupblo

元RX-7乗りの適当すぎる日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード


過去記事一覧 | Main Blog (元RX-7乗りの適当な日々) | Tech Memo (id:rx7(@namikawa)の技術メモ)


2009/09/19

CPU使用率のsteal(st)値

CPU使用率のsteal(st)値 - 元RX-7乗りの適当すぎる日々 を含むブックマーク はてなブックマーク - CPU使用率のsteal(st)値 - 元RX-7乗りの適当すぎる日々 CPU使用率のsteal(st)値 - 元RX-7乗りの適当すぎる日々 のブックマークコメント

topとかvmstatで眺めているとst(steal)という項がある。

これは、kernel 2.6.16.21 以降で新しく加わった項目で、

ゲストOSリソース要求を行ったにもかかわらず

CPUリソースを割り当ててもらえなかった時間の割合らしい。


●steal値で把握できるCPUリソースの状況

 この状態は、vmstatコマンドを使えば容易に確認できます。usr列、sys列の値が合計で50%までしか上昇せず、代わりにsteal列に残りの50%近い値が表示されると思います。

  steal列には、ゲストOSリソース要求を行ったにもかかわらずCPUリソースを割り当ててもらえなかった時間の割合が表示されます。steal列に 0%以外の値が表示されている場合はCPU利用率閾値設定が行われているか、ほかのゲストOSあるいはホストOSが同時にCPUリソースを要求して「取り合い」の状態になっていることが考えられます。

 特に閾値を設定していないにもかかわらずこのstealの値が高いようであれば、そのホストサーバは全体として過負荷になっているか、前述のCPUマッピング設定がアンバランスになっている可能性が高いと判断できます。

no title
トラックバック - http://blo.g.hatena.ne.jp/rx7/20090919

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

デル株式会社